ITコンサル求人特集

年収1000万円以上高収入ITコンサルタントの仕事とは

コンサルタントの担当工程も様々

IT系のコンサルタントには、上流工程を担うコンサルタントと、下流工程を担うコンサルタントがいます。ここで言う「上流」「下流」とは、ウォーターフォール型開発の上流、下流という意味であり、どうしても上流工程のほうがフィーは高くなります。

では、ITコンサルタントとして年収1,000万円を稼ぐにはどのようにすればよいのでしょうか?

そのためには、上流工程のアーキテクトや、かなりのスキルを持ったエンジニアにならなければなりません。日本では、プログラマの給与が非常に低く、SEとして設計ができても年収400万円~500万円程度が平均です。

日本で年収400万円台の給与だったエンジニアが、海外に渡って年収800万円を稼ぐようになった、という事例もあります。日本では、IT関係に携わる人全体の給与が低いのです。しかし、上流工程を担当できるようになれば話は別です。

IT関係でも最上流の行程に関わって、年収1,000万円を目指しませんか?

日本において、エンジニアだけで年収1,000万円を超えるのは、ベンチャーのCTOなど特別なポジションにいる人が多いです。そしてITコンサルタントとして働くなら、マネジメントやプロジェクトリーダーのスキルが必要となります。チームをまとめあげて、プロジェクトを引っ張っていくスキルが必要とされるケースが多くなります。

それでは、年収1,000万円を稼ぎ出すポジションとはどのようなものなのか、順番に見ていきましょう。

IoTやAIなど、最先端のテクノロジーとともに

ITコンサルタントのうち、大学院で情報工学、理学、工学、生物学、経済学の修士号を修めており、なおかつ確率統計を用いた業務を研究し、学術リサーチに長けた人を募集しています。職種は、ITコンサルタントの中でもアカデミックコンサルタントと呼ばれ、学術性と研究性の高い職種です。

AI、IoT、Robotics、データアナリティクスなどを中心とした最先端のテクノロジー。そして、学問の分野における最先端の知識を活用し、サービスを立ち上げようと考えるお客様に、理論面、そして学術面からのアドバイスをしていくITコンサルタントの仕事です。

かなり希少価値の高い求人となります。研究職はオーバードクター問題に見られるように、実務面でのニーズが少なく、大学院博士課程を出ても就職口が少ないのです。しかし、こちらの案件は博士号を持っている方にも最適なポジションとなります。

最先端の確率統計理論を用いた業務を行った経験、あるいは研究の経験があれば、応募できます。年収1000万円以上が狙えますので、応募してみると良いでしょう。

この求人を詳しく見る

上場コンサルファームでのITマネージャーの募集

上場コンサルファームもITマネージャーを募集しています。こちらは30代、40代になっても応募できる案件となります。

プリンシパル、マネージャーなどの募集で、上流工程でITIL等のベストプラクティスを利用して、クライアントの課題をITテクノロジーで解決していきます。グローバルプロジェクトも任されるケースがありますので、英語力もある程度は必要です。コンサルティング業界に必須の、ロジカルシンキング、プレゼンテーションスキル、ファシリテーションなどのスキルが必要とされます。

当然ですが、コミュニケーションスキルも必要ですし、チームを引っ張っていく統率力なども求められます。体験言語は、COBOLでもかまわないと明記されているため、かなりレガシーなシステムでプロジェクトマネジメントを経験してきた方でも、フレームワーク等の知識があれば応募可能です。

やはり年収1,000万円を超える給与となれば、プロジェクトリーダーとして複数のメンバーをチームで率いた経験が必要で、プロジェクトをデリバリーして成功させた経験が求められます。とてもやりがいのある案件となります。

この求人を詳しく見る

流行りのクラウドソリューションでのIT構築支援

いま流行りのクラウドソリューションでのIT構築支援も、年収1,000万円を超える給与を得ることができます。マネージャーとして、クライアントへのコンサルティング業務をプロジェクトリーダーとして参画し、システムへの深い知識と経験を活かして、プロジェクトをドリブンしていきます。

業務を通じて、ITで解決できることはないか研究し、課題を抽出していきます。その解決策として、クラウドサービスも提案しますので、クラウド関係に習熟している必要があります。

マネージャーとして、クラウドサービスとその他アプリケーションなどもトータルで含めたITソリューションの構成を提出し、IT導入に向けたロードマップを作成していきます。ITプロジェクトの成否は、プロジェクトリーダーの統率力と現場の頑張りにかかっているといっても過言ではありません。プロジェクトの成功がかかっているため、上場企業が年収1,000万円出してでも手に入れたい人材があなたなのです。

いま、課長職や部長職で業務を行っており、プロジェクトマネジメントの経験があり、組織を引っ張っていくことに長けていて、なおかつクラウド周りの知識が大いにある方は、応募してみるといいでしょう。

この求人を詳しく見る

IBMのコンサルタント、マネージャー職の募集

あの大手SIerである日本IBMも、マネージャー職としてITコンサルタントを募集しています。こちらのジャンルは、保険インダストリーです。生命保険および損害保険に関しての深い知見がある方は、ITコンサルタントとして活躍してみてはいかがでしょうか。こちらも年収1,000万円を超えるオファーが出ています。

保険会社にかかる経営環境の変化に対応し、ITで競争力を維持するために、クライアントの永続的発展に貢献できるITコンサルタントが求められています。豊富なITの知見があり、最先端のテクノロジー環境で改革に成功するためのプロジェクトマネージャーを募集しています。

この求人を詳しく見る

上流工程なら年収1,000万円も不可能ではない

これまで見てきた通り、IT関係のITコンサルタントは上流工程になればなるほどプレッシャーも高まり責任が増す反面、高い報酬が用意されています。年収1,000万円以上のオファーは数多くあります。

どこの会社も、有能なプロジェクトリーダーを求めています。上流工程に携わる程、自分でプログラミングすることは無くなりますが、その代わりリーダーとしてのマネジメント力が必須になってきます。ぜひ、ITコンサルタントの仕事で年収1,000万円を目指しましょう!

年収1,000万円以上のITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、年収1,000万円以上の求人案件、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

転職無料相談

転職おすすめ記事

  1. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  4. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る