ITコンサル求人特集

ITコンサルタントに求められる英語力

国際プロジェクトも増えてきました

ITコンサルタントは、国内で完結しているプロジェクトだけではなく、グローバルに世界を股にかけて行われるプロジェクトもあります。そのため、英語力が必要とされる職場においては、英語で円滑なコミュニケーションが取れる方は大きく活躍することができます。

ITコンサルタントはインフラの知識やプログラミング言語の知識、コンピューターそのものへの知識、ネットワークの知識、そしてセキュリティの知識など、必要とされる知見は膨大なものです。そこに、さらに英語力を……となると、要求されるスペックはかなり高くなります。しかし、その分だけ報酬が高くなるのでやりがいはあります。

現場で手足を動かすプログラマーや現場系ITコンサルタントにも、英語力は必要です。システム開発を実際に行うメンバークラスのスタッフの英語は、読み書きが必須であることが重大です。海外プロジェクトではドキュメントが英語であることが多いからです。
持ち前の英語力を活かして、活躍しましょう!

プロジェクトマネージャークラスになると、話すこともできると尚良し、といった感じです。メンバーの場合は、話せるレベルは問われないことが多いのですが、どちらにせよ読み書きのスキルは必要です。日頃から英会話などを勉強して、ビジネス英語に備えましょう!

ITコンサルは戦略系コンサルとは違い、英語スクールへの補助金が出るケースは稀ですので、基本は独学で勉強する必要があります。今はフィリピンオンライン英会話なども格安で受けることができます。

フィリピン人の先生だからといって、訛ってしまうことはありません。そう簡単に訛りは移らないので、安心して格安英会話でトレーニングすると良いでしょう。

ITコンサルタントは向上心の強い人が多く、情報処理関係の資格の勉強とともに、英語の勉強もしている人が非常に多いのです。しかし、中には国内で閉じてしまっている人もいます。英語力を身につけて、グローバルに活躍しましょう!

海外自動車メーカー向けIT導入コンサルティング

自動車メーカーの海外プロジェクト、グローバル案件です。構想を策定するフェーズから、システムの導入に至るまで、要件定義や設計などから、保守フェーズまで行います。こちらは、実際の開発は下流工程が進めるため、自分で行う必要はないプロジェクト案件となります。プロジェクトマネージャーとして、クライアントを引っ張っていくことができる人が求められています。

コンサルティング会社、事業会社の大手組織、SIなどで経験があり、特に自動車業界での案件を担当したことのある方におすすめです。

プロマネ、リーダー、メンバーなど、すべての職位を募集しており、どれも英語力は必須となります。とはいえ、営業職や戦略系コンサルトは違い、システム開発がメインなのでそれほど高い英語力は必要とされておらず、読み書きができれば十分です。

英語に苦手意識がないのであれば、ぜひチャレンジしてみていただきたい案件です。

この求人を詳しく見る

ネイティブレベルに英語が話せるなら!金融系で活躍してみませんか

もしもあなたが仮にバイリンガルで、英語と日本語がネイティブレベルで喋ることができ、海外との間で契約成立可能な対人折衝能力を有しているのなら、こちらの案件がおすすめです。

交渉レベルの英語が必要ですので、相当高い英語力が求められます。そして、金融案件の難しさも知っているのであれば理想的です。金融機関に対して、総合的に担当し、さまざまな案件をリードしてもらいます。プロジェクトマネージャーとしての仕事や、金融システムの導入、管理などの仕事です。

金融商品会計の知見が豊富にあるのであれば、ネイティブレベルでなくとも、テレカンで議事録が取れる程度の英語力があれば、通用するでしょう。

英語力は今後もブラッシュアップしていく必要がありますが、それよりはまず、金融関係の執行が肝心です。金融機関とのリレーションを構築し、大規模案件にアサインしていただきます。

銀行の預金、貸出、為替などに関する知識があり、論理的思考力とコミュニケーション力を備えており、金融検査マニュアルなども理解している必要があります。難易度の高い案件ですが、チャレンジしがいがあります。

この求人を詳しく見る

業務プロセスをITで解決

上流工程から、ITシステムにかかる案件まで、幅広い案件が存在しています。世界中の157カ国195,000人以上のスタッフを有するグローバルカンパニーで、プロジェクトに参画してみませんか?

海外のグループ会社とやりとりを行うため英語力は必須ですが、物流の改革支援などを行うやりがいのある仕事です。物流は個別最適ではなく全体最適が重要です。そのため、物事を俯瞰で見ることができるITコンサルタントが求められています。

この求人を詳しく見る

大手監査法人でも、ITコンサルタントとしてビッグデータを分析

大手監査法人でも、ITコンサルタントとしてビッグデータ分析などの職務を担うことができます。組織内のデータ分析、組織外部のサプライチェーンにいたるまで、データ分析を多角的に行う必要があります。組織のガバナンス、モニタリングの高度化などにも、価値を提供できる人材が求められています。

どうしても海外の方が進んでいる分野になりますので、基礎的な英語力は必須です。具体的にはTOEIC650以上があると望ましいでしょう。

この求人を詳しく見る

英語力はITコンサルの仕事でも活かせる!

学校を出て、そのまま英語を学ぶことを辞めてしまったという人は少なくありません。しかし、そんな人が大勢いる中で、英語の学習を惜しみなく続けていったあなたには、実務のスキルとともに、英語力を活かした仕事が待っています。

どれもハイクラス案件で、高収入を得ることができます。やはりこれからの時代は、英語力は必須でしょう。しかし、英語はあくまでツールです。いかに自分がプロジェクトをドリブンする力があるかどうかが問われているのです。

業務執行力が問われるため高い報酬が見込めますし、とてもやりがいがあります。ぜひ英語を活かした案件に応募してみて下さい。

英語力を活かしたITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、英語力を活かせる求人案件、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

転職無料相談

転職おすすめ記事

  1. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  2. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  3. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  4. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  5. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
ページ上部へ戻る