コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

バーチャレクス・コンサルティングへ転職したいかたへ

バーチャレクス・コンサルティングは、CRMや経営領域のコンサルティングサービスを軸に、自社CRMプロダクトの販売、コールセンターの設置およびアウトソーシングサービスを提供するコンサルティングファームです。コンサルティング・テクノロジー・アウトソーシングの3領域を組み合わせて、クライアントの生産性向上に貢献することを目指しています。

バーチャレクス・コンサルティングに転職するためには、バーチャレクス・コンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

バーチャレクス・コンサルティングの会社概要

バーチャレクス・コンサルティングは、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)出身の社長によって1999年に設立されました。コールセンターの設置やテレマーケティングのアウトソーシングを中心に業績を伸ばし、2016年には東証マザーズ上場を果たします。その過程で、テレマのみならず広くCRM領域(非対面顧客接点)のコンサルティング、ソリューション提供にも手を広げています。

会社名 バーチャレクス・コンサルティング株式会社
URL http://www.virtualex.co.jp/

代表取締役社長 丸山 栄樹
事業内容: 企業と顧客の接点(チャネル)に関するコンサルティングとアウトソーシングサービスおよびソフトウェアの提供

所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル8階

バーチャレクス・コンサルティングの事業概要

流通、金融、通信など幅広い業種のコンタクトセンター設置業務と、テレマーケティングサービスのアウトソーシングを主な事業としています。また、蓄積されたノウハウを生かしてCRM領域のコンサルティング、そして関連した基幹業務に対するコンサルティングサービス、そしてソリューションの提供へ事業を広げています。

バーチャレクス・コンサルティングに求められる人物・スキル

コンサルタントには、ただ外部から提案をクライアントにぶつけるだけではなく、クライアントに寄り添い、結果が出るまでコミットできることが求められています。未経験の分野であっても、前向きに取り組んで成果を上げるような気概も必要です。
中途採用においては、コンサルティング会社の出身者や、事業会社経験者でもコンサルティング志向のある人も募集されています。
ITエンジニアについては、専門分野で高い知識とスキルを持つプロフェッショナルであることはもちろん、その知識やスキルを生かすためのマネジメント能力も兼ね備えていることが求められています。
自分の業務だけではなく、チームやプロジェクト全体を俯瞰して業務を遂行できるマネージャー的資質が必要です。自分の知識に自信を持ち、常に課題の本質を見極めて取り組める人材が歓迎されます。
営業職は、自社開発のCRM関連ソフトウェア製品やサービスを販売するために、IT知識やクライアントの業界知識を身につけることが必須です。
クライアントの課題を深く分析する必要があるので、コンサルティング力も求められます。あくまで製品の販売ありきではなく、コンサルティング的な営業スタイルを身につけます。
スーパーバイザーは、コンタクトセンターのオペレーターや同僚がいかに生産性を上げられるか考える必要があるため、リーダーシップやコミュニケーション能力が必要です。年齢や会社歴、学歴などは関係なく、他社を巻き込んで成果を出せることが条件となります。

バーチャレクス・コンサルティングのキャリアパス

コンサルタント、ITエンジニア、IT営業、スーパーバイザーといった職種によって、キャリアパスは若干異なっています。
コンサルタントやITエンジニアには、「スタッフ」「シニアスタッフ」「マネージャー」「ジェネラルマネージャー」「パートナー」の5つのポジションが設けられています。スタッフやシニアスタッフの段階では、要件定義から導入といったプロジェクトの各フェーズにおいて担当領域の業務を着実に遂行するとともに、じょじょに小規模プロジェクトの責任者としてクライアントに提出するアウトプットの品質・成果に責任を持つ立場を経験していきます。マネージャーやジェネラルマネージャーとなると、プロジェクトの責任者として、プロジェクトを成功に導く役割を任されます。クライアントのキーパーソンと良好なリレーションを確立する外向きのマネージャーと、技術力や専門性を生かして会社のサービスを構築する内向きのマネージャーの2種類があります。パートナーとなると、担当事業部門の総責任者となるとともに、会社の経営に参画して経営責任も担います。
IT営業のキャリアパスは明示されていませんが、将来的にはコンサルティングやソリューション営業などを管轄するようなマネージャー職となることが期待されています。
スーパーバイザー職は、「スタッフ」「チームリーダー」「プロジェクトマネジャー」「部門長」と分かれています。ただし、スタッフと言ってもチームのまとめ役として業務指示や管理などを行うため、マネジメント能力が必要です。チームリーダーからプロジェクトマネジャー、部門長と、まとめる規模が徐々に拡大していきます。その過程で、スタッフの教育や品質管理、収益管理と、求められるマネジメント業務が拡大していくイメージです。

バーチャレクス・コンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

バーチャレクス・コンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。バーチャレクス・コンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なバーチャレクス・コンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なバーチャレクス・コンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  4. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  5. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
ページ上部へ戻る