コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

シンプレクスへ転職したいかたへ

シンプレクス(旧シンプレクス・コンサルティング)は、銀行や証券会社(リテール・ホールセール)などの金融機関向けにディーリングシステムの開発やコンサルティングなどを行っているコンサルティングファーム・システムインテグレーターです。
年々システムの安全性や高速化が重要視される金融分野において、最新の金融工学の知識や現場経験を兼ね備えたプロフェッショナルによるコンサルティング、またシステムの開発・運用・保守までを一気通貫でサポートしています。

シンプレクスに転職するためには、シンプレクスが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

シンプレクスの会社概要

シンプレクスは、1997年に外資系金融機関やコンサルティングファームで金融フロント領域でも最高峰の知識・経験を持ったメンバーによって設立されました。2004年には東証2部、翌2005年には東証1部への上場を果たし、今では売上高200億円(2017年3月期)を誇るまでに成長しました。事業再編や子会社吸収などを経て、2016年12月に新生シンプレクス株式会社(持株会社としてシンプレクス・ホールディングス設立)となり、ますますの成長が期待されます。

会社名 シンプレクス株式会社
URL http://www.simplex.ne.jp/

代表者 金子 英樹
事業内容: 金融システムコンサルティング、システム開発・運用・保守

所在地 〒105-6319
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階

シンプレクスの事業概要

金融機関の収益業務に関わるシステムのコンサルティング業務、システム開発業務、保守・運用業務を主に担当しています。ソリューション分野は銀行・証券(ホールセール)・証券(リテール)・FX・資産運用・保険の6分野に分かれ、それぞれフロント領域(ディーリング、トレーディング)の強化やマーケティング戦略の支援などに関わるコンサルティング、ソリューション提供が行われています。

シンプレクスに求められる人物・スキル

シンプレクスの新卒採用では、その時点での専門性を問うことはせず、ITスキル、金融知識、語学力なども最低限でかまいません。その代わり、「地頭の良さ」「バランス感覚」「ガッツ」の3つを求める人物像として挙げています。
地頭の良さとして、シンプレクスでは論理的思考力と思考の柔軟性を兼ね備えていることを指します。収集したデータに基づき、論理の飛躍や破綻なく思考を積み重ねていくことと、一方で与えられた前提条件そのものを疑い、自ら条件を設定し直せることが必要とされています。
バランス感覚とは、自分のタスクという「ミクロ」と、プロジェクト全体という「マクロ」の視点をうまく切り替えられるセンスのことです。プロジェクトのサポートとして入ったとしても、プレイングマネージャー的な包括的な視点からプロジェクトを見渡せることが必要です。最後のガッツとは、愚直に業務にまい進できる力です。困難な状況でもゴールに向けて粘り強く立ち向かっていけることが重要です。
なお、中途採用ではより実践的なスキルやマインドが求められています。シンプレクスの企業理念である「5DNA(ナンバーワン、クライアントファースト、コミットメント、プロフェッショナリズム、グローバル)」にマッチした理念を持ち、最前線の実行者としての行動力、常に新しい価値を生み出そうとするベンチャースピリットを兼ね備えた人材が熱望されています。

シンプレクスのキャリアパス

タイトル(役職)は6階層に分かれており、下から「スタッフ」「シニアスタッフ」「プロフェッショナル」「アソシエイトプリンシパル」「プリンシパル」「マネージングディレクター」となっています。また、コースとしてはクオンツ/FE(ファイナンシャルエンジニア)コースとITコンサルタントコースに分かれています。
シンプレクスのキャリアパスの特徴は、「完全な実力主義」「プレイヤであることの尊重」です。
完全な実力主義ということは、当然性別や学歴、国籍による壁は存在せず、さらには年齢による壁もありません。未経験者でも、結果を出せば3年で年俸700万円を受け取れる飛び級制度(シンプレクスでは「Skip」と言います)を用意しています。
また、プレイヤであることを尊重しているため、必ずしも出世したらプロジェクトマネジメントを担当しなければならないというわけではありません。マネジメントも一つの職種として捉え、それ以外にシステムエンジニアリングやコンサルティング、ビジネスディベロップメントなど、限定されたフィールドでマネジメントから解放されたエースプレイヤーとして活躍することも可能となっています。
こうしたフィールドは、スタッフから幅広くスキルを習得した後のアソシエイトプリンシパルの段階で選択することになります。途中でフィールドを変更することも可能です。

シンプレクスへの転職を成功させるためのポイント

シンプレクスには、多数の求人・ポジションがあります。シンプレクスが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なシンプレクスのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なシンプレクスのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  2. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  3. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
ページ上部へ戻る