コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

SCSKへ転職したいかたへ

SCSKは、住友商事グループに属するシステムインテグレーター(SIer)です。製造、通信、流通、金融をはじめ、幅広い業種でさまざまなITソリューションを提供しています。システム開発、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(Business Process Outsourcing)、ITハード・ソフト販売など、あらゆるITサービスを揃えています。

SCSKに転職するためには、SCSKが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

SCSKの会社概要

SCSKは、2011年に住商情報システムズとCSKが合併したことで生まれました。もともとは住友商事の情報システム部門が独立してできた会社で、ソフトウェア開発によって安定的な収益を上げてきました。1989年には東証二部、1991年には東証一部上場を果たし、現在まで日本を代表するSIerであり続けています。

会社名 SCSK株式会社
URL https://www.scsk.jp/

代表取締役 鐘ヶ江 倫彦
事業内容: システム開発・運用保守、ITインフラ構築など

所在地 〒135-8110
東京都江東区豊洲3-2-20(豊洲フロント)

SCSKの事業概要

製造・通信・流通・金融という4つの業種別事業、ソリューション・ビジネスサービス・プラットフォームソリューション・ITマネジメントという4つの機能別事業が存在します。基幹系システムから情報系システム・CRMシステムなどの開発、インフラ構築などSIerとして求められるすべてのITソリューション事業を手がけていると言ってもよいでしょう。

SCSKに求められる人物・スキル

新卒採用の応募資格は、四年制大学や大学院(国内外問わない)を卒業・修了予定であることです。文理別・男女別の採用はしておらず、国籍や大学・大学院・学部などによって選考過程の違いや有利不利はないとされています。語学力を身につけることは望ましいとされてはいますが、選考の基準としては設けられていないと明記されています。
具体的なスキルや知識が選考過程で特に必要とされない代わりに、求める人物像としては「経営理念を理解し、その実現に向けて行動できる人物」とされています。SCSKの経営理念は「夢ある未来を、共に創る」です。また、経営理念を若干具体的にした行動指針においては、「Challenge:未来を変える情熱を持ち、常に高い目標を掲げ、挑戦する」「Commitment:お客様に対し、社会に対し、責任感を持ち、誠実に行動する」「Communication:仲間を尊重し、心を通わせ、チームワークを発揮する」の三点が掲げられています。
SCSKが携わるような社会的インパクトの大きいプロジェクトにおいて、クライアントや社会に対して誠実に行動すると共に、上司や同僚・部下やパートナーなどとうまくコミュニケーションを取り、情熱とリーダーシップを持って仕事を進めることが必要です。

SCSKのキャリアパス

SCSKのキャリアパスは部門によっても変わってきますが、一般的にはプログラマ→エンジニア→(チームリーダー)→プロジェクトマネージャー→(システムコンサルタント)となります。この階段を上がっていくたびに、任される業務範囲が拡大していきます。
ただし、これに当てはまらないキャリアパスを描く社員もたくさんいます。SCSKでは、社員一人ひとりのキャリアパスをサポートするために各種研修や支援制度を充実させています。例えば、研修は「キャリア開発」「リーダーシップ開発」「専門能力開発」「ビジネス基礎能力開発」の4種類に分かれ、全部で約350種類もの講座が開設されているということです。グローバル人材を育成するためのグローバル研修も盛んです。
また、キャリアサポートとして上司とキャリアについて面談する「CDP制度」、新たなジョブにチャレンジできる「ジョブチャレンジ制度(人材公募制度)」、異動先を自ら募る「キャリアチャレンジ制度(社内FA制度)」によって、自分の希望するキャリアを実現できるようになっています。

SCSKへの転職を成功させるためのポイント

SCSKには、多数の求人・ポジションがあります。SCSKが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なSCSKのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なSCSKのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  2. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  3. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  4. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  5. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
ページ上部へ戻る