コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

レイヤーズコンサルティングへ転職したいかたへ

レイヤーズコンサルティングは、日本発の独立系コンサルティング会社です。経営を「マネジメント」「プロセス」「リソース」の階層(レイヤー)に分けたうえで、それぞれ「攻め」と「守り」として各種業務を定義づけています。例えば「営業強化・業務改革」は、プロセスレイヤーにおける「攻め」のジャンルです。これによって、一つ一つの業務課題を独立したものとして捉えるのではなく、体系的に把握することで企業・グループの経営課題を根本的に分析・解決することを重視しています。

レイヤーズコンサルティングに転職するためには、レイヤーズコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

レイヤーズコンサルティングの会社概要

レイヤーズコンサルティングは、アーサーアンダーセン&カンパニー システムコンサルティング部門(現アクセンチュア株式会社)に所属していた代表が独立し、1983年に創業されました。今では公認会計士20人(経営陣もみな公認会計士)を含め社員数180名、アメリカのシカゴとシンガポールに現地法人を持ち、中国およびインドのコンサルティング会社と業務提携を行うなど、グローバルな支援体制を構築しています。

会社名 レイヤーズコンサルティング
URL http://www.layers.co.jp/

代表者:代表取締役CEO 杉野 尚志
事業内容: 経営コンサルティングサービスの提供

所在地 〒104-6229 
東京都中央区晴海1-8-12 晴海トリトンスクエア Z棟 29階

レイヤーズコンサルティングの事業概要

企業の業務全般にわたる経営コンサルティングサービスの提供を行っています。グローバルな経営管理、ガバナンスの強化、営業強化・業務改革、サプライチェーンや人材マネジメント、ITマネジメントが主な対象領域です。これらを独立した領域とするのではなく、「マネジメント」「プロセス」「リソース」の「攻め」「守り」に分けて体系的に捉えたコンサルティングを目指しています。クライアントの業種としてはメーカー、通信、建設・不動産、食品、小売、運輸、エネルギーなど、幅広くサービスを提供します。

レイヤーズコンサルティングに求められる人物・スキル

クライアントの業務改革に携わるため、クライアントに火をつけて行動を促すような「元気」を持つことが求められています。また、一つとして同じプロジェクトを経験することはないので、上司やクライアントのお仕着せではなく自分で学び、考え、発信して行動に移す「自走能力」も必要です。これらの姿勢のうえに、コンサルタントとして世界一を目指すという「プライド」を持ち、クライアントの意見に流されたりむやみに反発したりせず「成果を出す」という気概で自己主張できることもレイヤーズコンサルティングでは重要です。

レイヤーズコンサルティングのキャリアパス

主に「コンサルタント」「シニア・コンサルタント」「マネージャー」「ディレクター」の4種類があります。入社後2~4年はコンサルタントとして基礎技術研修から実務に入ります。この時点の目標は、コンサルタントとしての基本的なスキルの習得です。その後はシニア・コンサルタントとしてさまざまなプロジェクトの中核メンバーとして活躍し、各レイヤーの知識を幅広く身につけます。2~3年後にプロジェクトの現場責任者であるマネージャーへ昇格し、専門性に磨きをかけます。最終的には、会社の経営責任を担うディレクター(パートナー)となることが期待されます。

レイヤーズコンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

レイヤーズコンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。レイヤーズコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なレイヤーズコンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なレイヤーズコンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  2. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  5. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
ページ上部へ戻る