コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

カート・サーモンへ転職したいかたへ

カート・サーモンは、国際的なネットワークを持った戦略コンサルティング企業です。クライアントの抱える課題を理解し実践的な解決策を提案することで、高い評価を受けています。

カート・サーモンに転職するためには、カート・サーモンが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

カート・サーモンの会社概要

1935年に設立されたカート・サーモンは、物流・製品企画・企業戦略・サプライチェーンなどの領域で、業務戦略コンサルティングサービスなどを提供して来ました。日本・米国・ドイツ・英国・中国に拠点を持ち、260名以上のコンサルタントを擁していましたが、2016年にアクセンチュアに買収されています。

会社名 カート・サーモン
URL http://www.kurtsalmon.com/ja-jp/

代表者 アジアパシフィック代表 マネージングパートナー マディソン ライリー、パートナー 塚原 義章、パートナー 河合 拓
事業内容: マーケティングやM&A戦略などの提供

所在地 〒107-6031
東京都港区赤坂1丁目12番32号 アーク森ビル31F

カート・サーモンの事業概要

カート・サーモンは、クライアント企業の企業価値を効率的・効果的に高める成長戦略に関するコンサルティングサービス、マーチャンダイジング最適化サービス、商品開発・調達プロセス最適化に関するコンサルティングサービス、ロジスティックス最適化サービスなど幅広い分野で、サービスを提供しています。

カート・サーモンに求められる人物・スキル

クライアント企業のことを深く理解してできないと、課題に対する効果的な解決策を見付けることはできません。そのため、クライアント企業や所属する業界の状況を的確に分析する能力・解決するべき問題を聞き出すコミュニケーション能力・業界や業務に関する知識などが必要とされます。もしも、クライアントが営む事業に関する業務知識などが不足している場合には自主的に調査・学習して、コンサルティング業務に支障が出ないようにすることも必要です。こうした能力や知識を備えた上に、クライアントの成功を真剣に願う熱意も持っていないと、クライアントの信頼を勝ち得ることはできません。少しでも自分や会社のことを優先する態度を見せると信頼を失ってしまいますので、常にクライアントを優先するという熱意と姿勢を持てることが重要です。カート・サーモンは、経営戦略などを提案するだけのコンサルタント会社ではなく、提案した戦略の成果が出るまでサポートしますので、最後まで熱意を持って業務を遂行しなくてはなりません。こうした能力や熱意を持った人であれば、カート・サーモンに歓迎されて、コンサルタントとして成功することができます。

カート・サーモンのキャリアパス

長い歴史の中で数多くの顧客にコンサルティングサービスを提供して来たカート・サーモンで働くのは、コンサルタントとしてスキルを高めるのに最適です。たくさんのプロジェクトに参加して経験を積むことは、コンサルタトとして活動する際に貴重な財産となります。コンサルタト業務に関する書籍を読んだりセミナーに参加するよりも、能力を伸ばし知識を身に付けるには実務を経験した方が有効です。能力やスキルに合った業務を数多く経験することで、コンサルタントとしての実力が向上して、難易度の高い仕事に挑戦できるようになります。そして、有効なコンサルティングサービスを提供することで国際的に評価の高いカート・サーモンには、クラアントを満足させるためのノウハウなど豊富に持っていますから、働きながら効果的なコンサルティング手法を学習することも可能です。過去に提供したコンサルティングサービスを参考にすることもできますから、どのような顧客にも対応できるノウハウが身に付きます。こうしてコンサルタントとしての実力を高めて行けば、プロジェクトのマネジメントや重要な業務を担当するポジションにキャリアアップすることができます。

カート・サーモンへの転職を成功させるためのポイント

カート・サーモンには、多数の求人・ポジションがあります。カート・サーモンが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なカート・サーモンのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なカート・サーモンのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る