コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

日立コンサルティングへ転職したいかたへ

日立コンサルティングは、100年以上の長期に渡り国家的インフラ作りに関与して来た日立製作所と関連グループ会社の実績とネットワークを活用して、経営改革や課題の解決に取り組むコンサルティング会社です。日立グループ内で成果を上げた手法・技術・製品などを使って、一時的に状況を改善するのではなく問題を根本から解決するソリューションを提供するコンサルティングファームとして高く評価されています。

日立コンサルティングに転職するためには、日立コンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

日立コンサルティングの会社概要

日立コンサルティングは、日立製作所が100%出資しているコンサルティング会社です。元々は日立製作所のコンサルティング部門として活動していましたが、2002年7月に日立製作所の子会社となり、製造や流通などに関わる産業分野の顧客を対象として、ビジネス戦略とIT戦略を統合したコンサルティングサービスの提供を開始しました。その後、日立製作所のビジネスソリューション部門を統合して、規模と業務内容を充実させて現在に至っています。

会社名 日立コンサルティング
URL http://www.hitachiconsulting.co.jp/

代表者 八尋 俊英
事業内容:各種コンサルティングサービス

所在地 〒102-0083
東京都千代田区麹町二丁目4番地1

日立コンサルティングの事業概要

日立コンサルティングは日立グループの所有する技術や実績を使って、社会的な課題を解決したり新たな創造を行うコンサルティングファームです。そのため、日立製作所や日立グループ会社に関連したプロジェクトを手掛ける機会が多くありますが、日立グループ以外の製造・流通・サービスなどの業種の企業や公共団体との取引も少なくありません。様々なプロジェクトにおいて、事業戦略や事業企画などの上流工程のコンサルティングサービスを担当しています。

日立コンサルティングに求められる人物・スキル

コンサルトとしてプロジェクトに参加し、企画立案や改革プロジェクトなどの経験が要求されます。更に、新しい物事にも積極的に取り組む意欲や、顧客に対して誠実に対応する姿勢も必要です。外国語のスキルは必須ではありませんが、ビジネスレベルの英語力を持っている方が有利となります。希望した職種を優先して選考されますが、過去実績や適性なども考慮されて、希望職種以外で選考される事もあります。

日立コンサルティングのキャリアパス

変化の速い時代には、業務を通して得られた経験と勘だけでは通用しないという考えに基づいてキャリアパスが考えられています。一時的に高いパフォーマンスが発揮出来ても、それが継続出来ないのでは、一人前のコンサルトとは言えません。長期間コンサルティング業務が行える人材を育成するために、3~5年後のキャリアを明確に定めてから、具体的な戦略と施策が決定されます。更に、現状の能力とあるべき人材像の違いを調べた後で、そのギャップを埋めるために適材適所に配置して、継続的な成長が望める環境を整えます。

日立コンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

日立コンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。日立コンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適な日立コンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適な日立コンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  2. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  3. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  4. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  5. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
ページ上部へ戻る