コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

ジェンパクトコンサルティングへ転職したいかたへ

ジェンパクトコンサルティングは、経営戦略の策定や業務改革のサポート、ITシステム化戦略策定や導入プロジェクト支援などを手がけるマネジメント系のコンサルティングファームです。製造業、サービス業、金融業、公共といった分野を対象に、戦略・組織・業務・人材およびIT関連のコンサルティングサービスを提供しています。

ジェンパクトコンサルティングに転職するためには、ジェンパクトコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

ジェンパクトコンサルティングの会社概要

ジェンパクトコンサルティングの元の社名である「ジェンパクト」は、もともとGE(ゼネラルエレクトリック)グループの子会社としてスタートしました。次第に業務を拡大して2005年に独立し、2012年には戦略・ITコンサルティングファームのヘッドストロングを統合したことで現在の社名へ変更しました。現在はアメリカや日本をはじめ世界10カ国に20の拠点を持ち、約5,400名のコンサルタントが業務を行っています。東京オフィスは1993年に設立され、製造、流通、サービス、金融、公共の幅広い分野においてコンサルティング活動を展開しています。

会社名 ジェンパクトコンサルティング
URL http://www.consulting.genpact.co.jp/

代表者 代表取締役 入江 仁之
事業内容: IT・戦略コンサルティング

所在地 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー7階

ジェンパクトコンサルティングの事業概要

製造、流通、サービス、金融、公共をターゲットとして、「経営戦略の策定・経営改革支援」「業務改革支援」といったマネジメント系のコンサルティングサービスや、「情報化戦略の立案支援」「システム導入プロジェクトのマネジメント支援」などのIT系のコンサルティングサービスを提供しています。

ジェンパクトコンサルティングに求められる人物・スキル

「論理的思考力と実行力」「プロフェッショナリズム」「インターパーソナルスキル」の3点を兼ね備えた人物を求めています。クライアント経営層の視点で考え、課題の本質を見抜く洞察力や分析力、クライアントの企業価値にコミットできるだけの情熱や責任感、チームの中で能力を発揮できるだけのコミュニケーション能力などがこの3点に当たります。こうした基本的なスキルを身につけ、自分の中長期のキャリアを見据えて自己成長できる人物であることが必要です。

ジェンパクトコンサルティングのキャリアパス

キャリアパスはアソシエイト/シニア・アソシエイト、コンサルタント、シニア・コンサルタント/マネージング・コンサルタント、シニア・マネージング・コンサルタント/プリンシパルの4段階に主に分かれています。経験の少ない社員はシニア・アソシエイトとして経験を積み、成長するにつれて一つのプロジェクトの運営→複数プロジェクトのマネジメント→クライアントとの中長期的な関係の維持と業務の規模が大きくなっていきます。

ジェンパクトコンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

ジェンパクトコンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。ジェンパクトコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なジェンパクトコンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なジェンパクトコンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  2. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  3. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る