コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

富士通総研へ転職したいかたへ

富士通総研は、クライアント企業の経営革新を実現するために、問題解決を支援するコンサルティング・ICTに関する研究開発・経済や産業などの動向を調査して政策の提言を行う経済研究の3つの分野を備えたコンサルティング会社です。

富士通総研に転職するためには、富士通総研が求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

富士通総研の会社概要

19864年に富士通システム総研が設立されて、システムの研究開発やコンサルティングなどの業務を行っていましたが、1997に社名を富士通総研に変更しました。2007年には富士通のコンサルティング機能を社内に統合し、2015年3月末の従業員数は339人、2014年度決算における売上高は71億8300万円となっています。

会社名 株式会社富士通総研
URL http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/

代表取締役社長 本庄 滋明
事業内容: コンサルティング・研究開発・経済研究など

所在地 〒105-0022
東京都港区海岸1丁目16番1号 ニューピア竹芝サウスタワー

富士通総研の事業概要

富士通総研は、ICTを活用した効果的な問題解決を行うコンサルティング、コンサルティングサービスを高度化するための研究開発、中長期的な視点によって社会・経済・産業の動向を洞察して先進的で独自の研究成果を発表する経済研究を行っています。

富士通総研に求められる人物・スキル

社会に高いインテリジェンスを示すプロフェッショナル集団である富士通総研では、従来の枠組みにとらわれない革新的な提案ができる知見と見識を持った人物を求めています。富士通総研は、グローバルな視野でユニークな提言をすることも特長となっていますので、型通りの提言や実効性の低いアイデアは、評価されません。自分なりの考えに従って独自の提案を作成したものを、堂々と発表できる気概を持つ必要があります。そして、プロジェクトチーム内で共同して作業を行い、クライアントを基準とした考えに基づいて行動できることも要求されます。ICTを活用する場面もありますが、チームとして活動することになるので、自分の役割を理解して適切な連絡や相談などができるコミュニケーション能力が必要です。こうしたコンサルタントとして活躍できるかを判断するために、社会人として備えているべき基本的なマナー・人間的な魅力・対人能力を含めた社会性、課題を適切に処理するための論理性などが評価されます。これらの条件を満たしている人であれば、富士通総研でコンサルタントとして活躍することができます。

富士通総研のキャリアパス

どのようなキャリアを構築して行くのかについては、職場の上司と話し合う時間が設けられます。一人では、自分の客観的に能力やスキルを評価することはできませんが、普段一緒に仕事をしている上司であれば、きちんとした評価をしてもらえますし、的確なアドバイスをしてもらうことも可能です。キャリアの相談では、具体的な方針や目標なども話し合われますので、今後の行動指針や努力するべき内容が明確になります。一人でキャリアの形成の仕方を考えようとしても、日々の業務を優先したりして後回しになってしまい勝ちなので、上司とキャリアについて話し合うことは極めて有効な方法です。有意義な機会を無駄にしないように、事前に自分なりにキャリアについて考えたり、将来の方針などを決めておかなくてはなりません。上司との相談で、キャリア形成の方向性などが決まりましたら、キャリアを構築するための仕事を任せられる機会も出て来るので、そのために必要な知識やスキルなどを身に付ける準備をしておく必要があります。希望や方針だけが決まっても、自分自身が成長しないのでは、何時まで経ってもキャリアアップできませんので、目標に向かって努力しなくてはなりません。

富士通総研への転職を成功させるためのポイント

富士通総研には、多数の求人・ポジションがあります。富士通総研が求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適な富士通総研のポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適な富士通総研のポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  2. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  3. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  4. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  5. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
ページ上部へ戻る