コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

大和総研へ転職したいかたへ

大和総研は、大和証券グループのシンクタンクです。リサーチ・コンサルティング・システムの3つの事業分野で、証券事業で培ったテクノロジーや先見性を駆使して、高付加価値の情報サービスを提供しています。

大和総研に転職するためには、大和総研が求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

大和総研の会社概要

1952年に大和総研の前身となる大和証券調査部と機械計算部が発足し1989年に大和総研が設立され、2008年に大和総研を大和総研、大和総研ホールディングス、大和総研ビジネス・イノベーションの三社に分社し、現在の大和総研として開業しました。現在は海外にも拠点を設けて、国内有数の総合シンクタンクとして活動しています。

会社名 株式会社大和総研ホールディングス
URL http://www.dir.co.jp/

代表取締役社長 草木 頼幸
事業内容: コンサルティングやシステム構築サービスなどの提供

所在地 〒135-8460
東京都江東区冬木15番6号

グループ企業
大和総研ビジネス・イノベーション
システムコンサルティングやシステムインテグレーションを行う会社です。

DIRインフォメーションシステムズ株式会社
システムインテグレーションや、情報通信システムに関するコンサルティングを行う会社です。

大和総研の事業概要

大和証券グループの情報創出機関として、幅広い領域における情報発信と政策提言を行うリサーチ、知見・洞察力・SI機能を使ったコンサルティング、大和証券グループ各社にITサービスを提供するシステムの3つの分野で、独自の情報サービスを提供しています。

大和総研に求められる人物・スキル

最先端の情報と技術を駆使するシンクタンクのメンバーとして活躍するためには、フロンティア精神・パッション・高い志といった人間性が求められます。こうした人間の土台ともなるものが築けていないと、高度で新しいことに挑み続けることはできません。グローバル化が進み変化の著しい環境下においては、変化を恐れることなく積極的に新しいものに取り組んで行く姿勢を持つことが大切です。そのためには、常にプラス思考で、好奇心旺盛な姿勢を持っていなくてはなりません。周囲の判断を仰がないと何もできなかったり、従来の遣り方に固執しているようでは、時代に取り残されてしまいます。自分の専門とする分野だけではなく、他に分野にも興味を示す姿勢が必要です。そのような姿勢は、直ぐに目に見える成果に結び付かなくても、コンサルタントとしての幅を広げて、プロフェッショナルとして成長に役立ちます。そして、募集職種によって条件が設けられており、大和証券向け案件を担当する証券系システムコンサルタントは金融系基幹システム開発のマネジメントや基幹システムの開発などの経験、金融系システムコンサルタントはSEとして金融系基幹システムの参画した経験などが必須の条件となっています。

大和総研のキャリアパス

業務知識が不足していたり実務経験が乏しい場合は、小さな範囲の仕事を任せられることになりますが、責任を持って業務を担当することで、基本的な仕事の仕方としっかりと考えて行動する習慣が身に付きます。小さな範囲も裁量を任せられて仕事をすると、指示されなくても自主的に行動できるコンサルタントに成長することが可能です。数多くの業務を経験して十分な知識とスキルを身に付けると、より大きな範囲の仕事を担当したり、専門性の高い業務を行うことになります。こうして業務を通して専門的な能力を習得してプロフェッショナルとしてキャリアを築く機会が用意されていますが、それ以外にも本人の学ぶ姿勢と意欲を重視してサポートするが各種研修システムです。選抜された社員を対象に担当業務に関する高度で専門的な知識を習得する選抜制研修や、キャリアアップや業務に必要となるスキルなどを学習する階層別研修などが利用できます。さらに、資格をする取得ために、外部教育機関での学習や試験対策講座などをサポートする資格取得支援などもあります。これらの能力を向上させる制度を利用すれば、短期間で一流のコンサルタントになることも、不可能ではありません。

大和総研への転職を成功させるためのポイント

大和総研には、多数の求人・ポジションがあります。大和総研が求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適な大和総研のポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適な大和総研のポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
ページ上部へ戻る