コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

デロイトトーマツコンサルティングへ転職したいかたへ

デロイトトーマツコンサルティングは、製造業・建設業・金融業など幅広い業種を対象として経営戦略、M&AやITアドバイサリーなどのサービスを提供する経営コンサルティングファームです。世界最大の会計事務所であるデロイトトウシュトーマツの日本におけるコンサルティング部門としての位置づけにあります。また持続可能な社会の構築を重視し、行政機関やNGOなどと広く連携して社会課題の解決を目指す取り組みを続けています。

デロイトトーマツコンサルティングに転職するためには、デロイトトーマツコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

デロイトトーマツコンサルティングの会社概要

デロイトトーマツコンサルティングは、日本国内で東京丸の内・大阪・名古屋・福岡の合計5拠点に2,000名以上の社員を擁する大規模な経営コンサルティングファームとして活動しています。もともと有限責任監査法人トーマツの子会社として1993年に設立されましたが、分裂や経営統合を繰り返した末に2015年に「デロイトトーマツコンサルティング合同会社」となって現在に至ります。

会社名 デロイトトーマツコンサルティング
URL https://www2.deloitte.com/jp/ja.html

代表者 代表執行役社長 近藤 聡
事業内容: 経営コンサルティング

所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング17階

デロイトトーマツコンサルティングの事業概要

単なるコンサルティングにとどまらず、監査、M&A支援、税務関連サービス、海外ビジネス支援、ファイナンシャルアドバイザリー、法務など幅広く対応しています。自動車、運輸、商社などの消費財/産業用製品、資源・エネルギー、金融などあらゆる業界をカバーしており、幅広く戦略提案から実行までクライアントとともに課題解決や成果の最大化を目指します。

デロイトトーマツコンサルティングに求められる人物・スキル

しばしば「外資系のコンサルティングファームと比較して穏やかな社風」と言われ、「Up or Out」という言葉に象徴されるような厳しい風土ではなく、若手人材を育成しようという気風があるとされます。素直さを備え、小難しく考えずに愚直に学べる人物が求められます。チームワークをもって課題に取り組む意識を持ちつつ、対象とする業界・業種における高度な専門性を備えることがコンサルタントの資質として必要な点です。グローバルな案件に対応できるためにも、英語力の向上も必須となります。

デロイトトーマツコンサルティングのキャリアパス

「ビジネスアナリスト」「コンサルタント」「シニアコンサルタント」「マネジャー」「シニアマネジャー」「パートナー/ディレクター」「(より経験豊かな)パートナー/ディレクター」の7種類からキャリアパスが構成されています。最初は特定の専門領域というよりも基礎的なコンサルティングスキルを身につけることが重視され、その後になって専門領域での経験・スキルを蓄積していきます。最終的には、クライアント企業のCXOに対して本質的な観点からアドバイザリーを行うことが求められます。

デロイトトーマツコンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

デロイトトーマツコンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。デロイトトーマツコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なデロイトトーマツコンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なデロイトトーマツコンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  2. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  3. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  4. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  5. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ページ上部へ戻る