コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

クロスフィールドへ転職したいかたへ

公認会計士により設立されたクロスフィールドは、設立当初は会計や経理の分野に限定したサービスを提供していましたが、今では企業価値向上やプロセス改善などを含めた基幹業務全般に関するサービスを提供する会社となっています。

クロスフィールドに転職するためには、クロスフィールドが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

クロスフィールドの会社概要

2001年に資本金300万円で設立されて以降、有名な大手企業などと取引を行うと共に資本金を増資して行き、2008年には資本金が3000万円になりました。そして、2010年には情報セキュリティマネジメントに関するISO27001認証を取得しています。

会社名 株式会社クロスフィールド
URL https://www.crossfields.co.jp/

代表者 磯貝光一
事業内容: 企業価値向上支援やプロセス改善支援などのコンサルト業務

所在地 〒107-0061
東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル 5階

グループ企業
税理士法人あおやま
税務代理業務や社会保険労務士業務などを行っています。

クロスフィールドの事業概要

プロジェクトを運営推進上で課題の解決のための支援、ITや情報システムを構築する際の各種タスクの支援、クライアントの組織や業務に関するプロセスの改善、計数管理などの企業価値を向上するための支援といった4つのサービスをクライアントに提供しています。

クロスフィールドに求められる人物・スキル

まずクライアントのことを優先して行動したり、積極的に課題に取り組む姿勢などを持つ人物が求められています。クロスフィールドでは、プロジェクトを進める際にクライアントの便益を最優先に考えるので、何よりもクライアントファーストの思考を持っていることが大切です。そして、プロジェクトには数多くの課題が存在することも珍しくありませんから、課題に立ち向かって解決する態度も持っていなくてはなりません。課題に対して消極的に対応しているようだと、プロジェクトを効率的に進めることができませんし、自分の能力を向上させる機会も減らしてしまうことになるので、どのような課題にも積極的に取り組んで成長する気持ちが必要です。さらに、クライアントやメンバーと意見交換して、プロジェクトを完了させる能力も求められますし、複雑な問題でも論理的に検討してクライアントに適切な解決策を説明できる思考力も不可欠です。以上の能力を持っている人物であれば、コンサルタントの実務経験がなくても採用されます。

クロスフィールドのキャリアパス

通常はコンサルタントやシニアコンサルタントなどとして、コンサルティングワークを行うベーシックキャリアからキャリアがスタートしますが、それ以降のキャリアについては、ジェネラリストキャリアとスペシャルキャリアのいずれかを選ぶことが可能です。ジェネラリストキャリアは、主にプロジェクトなどのマネジメント業務を担当する職位で、キャリアを積むことでマネジャー・シニアマネジャー・ディレクターと昇進します。スペシャルキャリアは、特定の分野で高度なスキルを身に付ける職種で、エキスパート・シニアエキスパート・プリンシパルと昇進して行きます。シニアコンサルタントからランクが上がる際に、自分でキャリアを選択することになりますが、ジェネラリストキャリアを選んだ人が、スペシャルキャリアに変更することも不可能ではありません。そのため、実際にジェネラリストキャリアやスペシャルキャリアとしての仕事をして、違うキャリアを構築したいと考えた時には、無理して仕事を続けなくても済むようになっています。柔軟にキャリアを変更できるようになっているのが、クロスフィールドのキャリアパスの特徴です。業務上必要となる知識やスキルに関しては、社内研修や毎日の現場などで、成長する機会が与えられていますので、未経験の分野のスキルも身に付けることができます。

クロスフィールドへの転職を成功させるためのポイント

クロスフィールドには、多数の求人・ポジションがあります。クロスフィールドが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なクロスフィールドのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なクロスフィールドのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  2. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る