コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

ボストンコンサルティンググループへ転職したいかたへ

ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、幅広い分野でクライアントのトランスフォーメーション(構造改革)を支援する世界的な経営コンサルティングファームです。短期的なビジネス課題へのコンサルティングにとどまらず、長期的な視野でクライアントが成長できるようにビジネスを再考し、将来に向けた課題への対応を支援します。

ボストンコンサルティンググループに転職するためには、ボストンコンサルティンググループが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

ボストンコンサルティンググループの会社概要

BCGは、1963年にアメリカ・ボストンに設立されました。現在は世界の48カ国に85ものオフィスを展開しており、12,000人を超える社員が業務に取り組んでいます。東京オフィスは、ボストンコンサルティンググループの2番目のオフィスとして1966年に開設され、国内外の多数企業の戦略・経営・ITなどのコンサルティングを手がけてきました。

会社名 ボストンコンサルティンググループ
URL https://www.bcg.com/ja-jp/default.aspx

代表者 日本代表 杉田浩章
事業内容: 経営コンサルティング

所在地 〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート16階

ボストンコンサルティンググループの事業概要

幅広い分野に対するコンサルティングサービスに対応しています。自動車、医薬品、消費財、教育、エネルギー・環境、メディア、医療機関など、ボストンコンサルティンググループのクライアントは国内外の多様な業種にいます。また、手がけるテーマもビッグデータ関連のソリューション、イノベーション・製品開発、マーケティング・セールス、プライシング、流通、サステイナビリティなどさまざまです。さらに、いわゆる「PPM」のような思考ツールの開発や市場リサーチなども行っています。

ボストンコンサルティンググループに求められる人物・スキル

年齢や経験ではなく、思考力とクライアントへの情熱こそが最も重要です。また、考えたものをかたちにするためのリーダーシップやチームワーク、メンバーやクライアントと円滑に物事を進めるためのコミュニケーション能力や人間性、グローバルに活躍するための英語力なども求められます。高い志と豊かな個性で仕事に取り組めることが必要です。柔軟な思考力を判断するためにケーススタディー面接を行うことから、面接には相応の準備が必要となります。

ボストンコンサルティンググループのキャリアパス

コンサルティングスタッフとして、「アソシエイト」「コンサルタント」「プロジェクト・リーダー」「プリンシパル」「パートナー」の5種類のキャリアが設定されています。はじめはアソシエイトとして幅広い業界・分野のプロジェクトに携わり、洞察力や問題解決能力を養います。実務経験を積むにつれて、コンサルタントとしてプロジェクトに貢献し、専門分野に特化していきます。プリンシパルやパートナーともなると、また幅広くプロジェクトに関わり、長期的な視点からクライアントの利益を考えることが求められるようになります。

ボストンコンサルティンググループへの転職を成功させるためのポイント

ボストンコンサルティンググループには、多数の求人・ポジションがあります。ボストンコンサルティンググループが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なボストンコンサルティンググループのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なボストンコンサルティンググループのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  2. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  3. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
ページ上部へ戻る