コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

A.T.カーニーへ転職したいかたへ

A.T.カーニーは、世界的な経営コンサルティングファームの一つです。パートナーシップ制度をとっており、顧客のクリティカルな課題に対して短期的な成果をもたらすとともに、長期的に顧客に寄り添って持続的な成長の支援を担当しています。幅広い業種に対して、戦略、M&A、営業、人事などあらゆるタイプのコンサルティングをカバーしています。

A.T.カーニーに転職するためには、A.T.カーニーが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

A.T.カーニーの会社概要

A.T.カーニーは、1926年にアメリカ・シカゴで設立された経営コンサルティングファームです。今では日本を含めた世界40カ国以上にオフィスを構え、社員数は3,600人を超えています。米経済誌フォーチュンの世界企業売上高番付上位500社にランクしている企業の4分の3以上と、政府系機関やNPOを顧客としています。航空、自動車、通信やメディア、金融機関、インフラなどさまざまな業界に対して、マーケティング、M&A、戦略など幅広いタイプのコンサルティングサービスを提供しています。東京オフィスは1972年に開設され、多くの大手企業を顧客としています。

会社名 A.T.カーニー
URL https://www.atkearney.co.jp/

代表者 岸田 雅裕
事業内容: 経営コンサルティング

所在地 〒107-6032
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル東館32F

A.T.カーニーの事業概要

あらゆる業種の企業に対して、マーケティング、M&A、戦略など幅広いタイプの経営コンサルティングサービスを提供しています。日本国内でも、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野で、結果を追求する思想のもと顧客のサポートを続けています。戦略を重視するマッキンゼー・アンド・カンパニーに対し、A.T.カーニーではオペレーションを重視するとされています。ツールやフレームワークでアイディアを出すだけにとどまらず、アクションに落とし込んで成果を出すことにこだわったコンサルティングを行っています。

A.T.カーニーに求められる人物・スキル

論理的思考力や分析力はもちろんのこと、「オペレーションを重視する」という企業風土に合わせて、実際にクライアントを巻き込んでプロジェクトを動かし、成果を上げられることが求められます。そのためにはクライアントから信じてもらえるだけの「人間力」や、物事を実行していくだけのスキルや情熱を持っていることが必要です。困難な状況にあっても粘り強く前に進み、自らの力で成長できることが求職者には求められます。

A.T.カーニーのキャリアパス

下から「ビジネスアナリスト」「シニア・ビジネスアナリスト」「アソシエイト」「マネージャー」「プリンシパル」「パートナー」の6種類のキャリアが存在します。ビジネスアナリストは実務経験の短い社員であり、先輩・上司の下でリサーチや分析業務に携わります。そこから部分的な仮説立案と実行、全社的な視点からの経営課題の解決、チーム全体のとりまとめ、コンサルティングプロジェクトのマネジメント、A.T.カーニーや業界全体におけるリーダーシップの発揮など、経験を重ねるごとに業務の幅や規模が大きくなっていきます。

A.T.カーニーへの転職を成功させるためのポイント

A.T.カーニーには、多数の求人・ポジションがあります。A.T.カーニーが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なA.T.カーニーのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なA.T.カーニーのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  2. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  3. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  4. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  5. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
ページ上部へ戻る