コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

Asian Frontierへ転職したいかたへ

Asian Frontierは、利用しやすい柔軟な支援形態・数多くのプロジェクト実績に基づいた高品質のサービス・コミットメントを持ったコンサルタントによる支援・適正価格によるサービスの提供といった4つの指針を基本原則として、コンサルタント事業を行っています。

Asian Frontierに転職するためには、Asian Frontierが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

Asian Frontierの会社概要

2007年に設立されて以降、経験豊富なコンサルタントが中心となって、大手企業の経営層に対するアドバイザリサービスやITコンサルティングサービスなどを行っています。

会社名 株式会社Asian Frontier
URL http://asian-frontier.com/

代表取締役会長 源 由樹、代表取締役社長 ミゲル アンヘル エステベス安部
事業内容: コンサルティングサービスや先進技術ソリューションサービス医療の提供

所在地 〒100-8133
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル404

Asian Frontierの事業概要

経営層や現場層の抱える特定の課題を解決するプロジェクト型支援や個別のニーズに対応する支援などを行うコンサルティングサービスに加えて、機械学習やフレームワークを使ったソリューション開発なども提供しています。

Asian Frontierに求められる人物・スキル

身近さ・コミットメント・適正さ・クオリティの4つの指針に従い、コンサルタントとして活動できる人物が求められています。この4つの指針を基本原則としてコンサルティングサービスを提供することが、Asian Frontierの特長の一つとなっていますので、応募する前に十分に理解しておかなくてはなりません。優れた能力やスキルを持っている人でも、会社としての方針と違った行動を取るようでは、問題となってしまいます。採用試験を受ける前から、4つの指針に従った言動を取れるようにして下さい。そして、コンサルタント職の募集に関しては、3年以上コンサルティング会社に勤務した経験、事業会社でコンサルタントと同等の企画業務を担当した経験、IT関連のプロジェクトを行った経験などがあることが条件です。コンサルティングサービスだけではなく、最先端の技術を応用したソリューションサービスも扱っていますので、ITに関する実務経験を持っている人でも応募することができます。基本的にはITを使ったコンサルティングが業務の中心となりますので、IT技術の動向や企業の問題解決に有効なソリューションなどの情報に対しても、積極的に収集する態度も必要となります。

Asian Frontierのキャリアパス

顧客本位のサービスを提供するために、さまざまな形態で支援することになるので、コンサルタントとしての幅を広げることができます。また、支援するクライアント企業の業種も多種多様なので、新しい業務知識やスキルなどを身に付ける機会に、恵まれています。同じような業務を繰り返すだけの会社や、細分化した仕事しか任せられない会社では、このような仕事をすることはできません。いろいろな業務を経験する中で、興味を持った分野や今後キャリアを積みたい仕事を見付けるのに、最適な環境です。今後のキャリア形成の方針が決まりましたら、積極的に業務を担当するようにして、キャリアアップして行くことができます。経験や能力に応じて、コンサルタントやシニアコンサルタントとして働くことになりますが、業務を通して成長して成果を出して行けば、重要なプロジェクトを担当することになったり、プロジェクトのマネジメントを任される可能性もあります。Asian Frontierは、熱意を持った日々努力すれば、希望するキャリアを構築できる会社です。

Asian Frontierへの転職を成功させるためのポイント

Asian Frontierには、多数の求人・ポジションがあります。Asian Frontierが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なAsian Frontierのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なAsian Frontierのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  4. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  5. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ページ上部へ戻る