コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

Abalanceへ転職したいかたへ

Abalance(旧リアルコム)は、ナレッジマネジメントのためのソフトウェア販売やアウトソーシングサービス、システム開発、コンサルティングをてがけるソリューションベンダーです。また、近年は会社合併によって建機の販売・リース、太陽光発電事業にも参入して、事業領域を拡大しています。

Abalanceに転職するためには、Abalanceが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

Abalanceの会社概要

Abalanceは、元ブーズ・アンド・カンパニー出身の元社長によって2000年に設立されました。当初は企業向けナレッジマネジメントシステムの開発及びコンサルティングなどを中心として、2007年には東証マザーズに上場するまでに成長。その後WWB株式会社を子会社化したことで、売電事業・建機事業に参入。2017年3月には、社名をそれまでのリアルコムからAbalanceに変更しました。

会社名 Abalance株式会社
URL http://www.abalance.jp/index.php

代表取締役社長 吉永 正紀
事業内容: ソフトウェアライセンス販売、システム構築、その他付帯サービスの提供に関するIT事業、建機販売事業、太陽光発電事業など

所在地 〒140-0002
東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー5階

Abalanceの事業概要

ソフトウェアライセンス販売を軸に、システム構築やコンサルティングなどのIT事業を手がけています。また、子会社が太陽光発電システムの販売や仕入など太陽光発電事業、建機の仕入・販売を手がけています。社名が変更されたことを機に、それまでのIT事業だけではなく、建機事業・太陽光発電事業と合わせた3領域のシナジー効果を生み出すべく取り組んでいます。

Abalanceに求められる人物・スキル

2017年7月現在、Abalanceでは新卒・中途とも採用活動を実施していません。過去のコンサルタント(システム導入コンサルタント)募集内容を見る限りでは、学歴は不問で、業務アプリケーション開発における基本設計ができることが条件となっています。ただし、パッケージシステムの導入経験の有無は問われず、また経験年数も不問になっています。
なお、商材がSharepointのアドオン製品ということで、Sharepointの専門知識がある人は歓迎されると考えられます。
パッケージソフトを利用してクライアントの業務フローを改革することがシステム導入コンサルタントの仕事となっており、要件定義、設計、実装、システム導入後の定着に向けた運用まで一貫して携わることから、システム知識や業務知識はもちろんのこと、粘り強くプロジェクトに取り組むことも必要です。
また、入社後の研修を通じてきめ細やかなヒアリング、明瞭なデモンストレーション、論理的なプレゼンテーションなどができるようになることが期待されています。クライアントにAbalanceの価値を正確に伝えられるようになると、一人前としてより高度なスキル・知識を要求する業務に取り組めるようになります。

Abalanceのキャリアパス

Abalanceのキャリアパスに関して、ホームページその他には情報が全く記載されていません。ただし、過去の募集要項などを見る限り、サポート業務担当からプレイヤー、そしてマネージャ-(プロジェクトマネージャー)へという流れは存在すると推測されます。
当初はシステム導入コンサルタントとして上流から下流までのプロジェクトの一部作業を担当し、じょじょにプロジェクト全体のアウトプットに責任を持つ本当の意味での「コンサルタント」として独り立ちしていきます。その後、成果を上げている人に対しては、能力に応じてプロジェクトマネジメントの仕事もアサインされるようになります。
子会社を通じた建機販売・太陽光発電という毛色の違う事業へ参入し、社名を変更したこともあり、今後のキャリアパスが大きく変わる可能性があります。IT事業・建機事業・太陽光発電事業の関係性(行き来することはあるのか、など)がキャリアパスの行方を左右することになりそうです。

Abalanceへの転職を成功させるためのポイント

Abalanceには、多数の求人・ポジションがあります。Abalanceが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適なAbalanceのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適なAbalanceのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  5. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
ページ上部へ戻る