ITコンサルを知る

IT戦略コンサルタントへの転職

IT戦略コンサルタントへの転職。

かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。しかし、近年は、企業の商品やサービスのあり方そのものさえも定義する存在として、ITの重要性は高まる一方です。ビジネスプロセスそのものの変革を、ITが担う時代であることは疑いようのないことでしょう。こうした時代背景に伴い、重要性を増しているのが、「IT戦略コンサルタント」です。

IT戦略コンサルタントに求められるのは、これまでは別次元で考えられがちだった全社戦略、事業戦略、IT戦略の3つを1つに束ね、「IT戦略が全社戦略・事業戦略にどのような価値を提供し、貢献していくか」を追求する視点です。企業のCIO(最高情報責任者)の良きアドバイザーとして、企業の経営課題を解決し、企業の業績の大幅増幅さえ導くことができれば、IT戦略コンサルタントとしてはもちろん、ビジネスパーソンとして自らの市場価値を大きく高めることにつながるでしょう。

IT戦略コンサルタントの業務内容

IT戦略コンサルタントは、企業のCIO(最高情報責任者)が抱える問題など、企業の経営レベルのIT関連課題について助言を行うポジションです。単にITだけをとらえるのではなく、ITを「企業価値の向上を具現化するための1つのツール」と位置づけ、経営戦略に沿ったIT戦略と、実現に向けた年度計画、中期計画の策定を、多岐に渡る顧客プロジェクトで支援していきます。さらに、IT投資における費用対効果の最大化、IT導入・活用の促進、システムアーキテクチャの課題など、IT統治に関して専門性を発揮します。

システムの一面だけでなく経営全体の目線から、問題をとらえ、クライアント企業の課題解決を支援していく姿勢が求められます。ITの専門家でありながら、経営に一番近いところで、会社の変革と飛躍を支える存在として活躍できることが、この仕事の醍醐味です。

IT戦略コンサルタントに求められるスキル

ITコンサルティングファームや、システムインテグレーター企業、IT関連メーカーで、ITシステム導入プロジェクトに幅広く携わった経験は、IT戦略コンサルタントとしての業務に活かすことができます。同時に、単なるITのスペシャリストではなく、マネジメント(経営)やビジネスそのものに関心が強いことが重要です。

また、ウェブデザインなど視覚的な要素の設計業務ではなく、ビジネスプロセス全体に関わるシステム構築に関わっていた経験があることも、採用のポイントとなってくるでしょう。専門領域以外にも広く関心・興味を持ち、積極的に交流や協業するような働き方を好む方に向いています。

IT戦略コンサルタントのキャリアパス

IT戦略コンサルタントとしてキャリアを積む中で、IT領域にとらわれず、全社戦略における課題解決に関心を持つようになる方もいらっしゃいます。そういった場合、コンサルティング業界の中で、ITという枠を取り払い、「戦略コンサルタント」へと転職する事例も見られます。

また事業会社に転職し、自ら「CIO(最高情報責任者)」となって、経営の舵を取る方もいます。同じく事業会社への転職でも、「IT部門のマネジメントポジション」という選択肢も考えられるでしょう。

ページ上部へ戻る