ITコンサルを知る

SIer・SEとITコンサルの違いは?役割や会社から比較

SIer・SE・ITコンサル
SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。データの持たせ方やヒューマンインターフェースの設計などから始まり、仕様書を作成し、プログラマーへ開発を依頼するといった“モノづくり”に特化しています。
最新のIT技術に関する知識を常に習得するなどのスキルを磨く必要があります。
SIerは、SE・プログラマーなどが所属する会社や組織の総称であり、システム開発や運用保守などを事業としています。

いっぽうITコンサルタントは、クライアント会社の経営方針や業務改革の検討から参画し、システム化への提案、業務要件定義までを担っています。
普遍的なビジネスの形態を熟知し、社会情勢を察知し、それを踏まえたうえでの、クライアントへの課題解決を提案するスキルを磨く必要があります。
SEから、ITコンサルへのキャリアチェンジをする人のメリットは、ITの知識に熟知したうえでのシステム実現案を提示することが出来ることです。
また、システム開発時は、いわゆる“モノづくり”を担当するSIerの方とのコミュニケーションが円滑にできることもアドバンテージと言えます。

仕事内容の違い

システム開発において、ITコンサルはコンセプト・スコープ定義・業務要件定義など、初期段階から関与します。SEは、業務要件定義をシステム要件へ具体化する段階から参画するのが一般的です。

SEは、担当しているシステム機能を深く掘り下げて理解し、業務担当者(=システムユーザー)に対して、システムの「使い勝手」を提案することに、価値を求められます。

また、要件どおりにシステム設計をおこない、プログラマーに求められた品質を担保するよう、うながす役割を担っています。
“システム機能のスペシャリスト“と、言えるでしょう。
ITコンサルは、プロジェクトのスコープを決定するキーパーソンとなります。また、システム開発プロジェクト中は、業務側の言葉をIT側へ伝える、重要なコミュニケーターの役割を担います。
SEに比べて、守備範囲が広くなる分、機能の細部については、SEにお任せし、俯瞰する姿勢が必要となります。つねに、一歩先を歩き、計画、実行、危機管理、報告の行動を心がけるようにしなければなりません。

クライアント会社での窓口は、SEは業務担当者、ITコンサルは経営層とポジジョンにも違いがあり、おのずと視点も変わってきます。
SEとITコンサルとのコンビネーションによって、システムの品質は向上していきますので、お互い尊重し合い、コミュニケーションが大切となってきます。

企業の違い

SIerで有名な会社は、NTTコムウェア、TIS、日立情報システムズなどが挙げられます。
また、社内SEとして、会社の業務に特化したシステムの構築と保守を担うSEも居ます。

ITコンサルでは、IBM、アビームコンサルティング、アクセンチュアなどのコンサルティングファームが挙げられます。これらの会社では、優秀なSIerと提携して、プライムベンダーとなって、システム導入案件を一括して受注し、保守契約を結ぶ場合があります。

役割・求められるスキルの違い

SEでは、ITに関する最新技術情報を常にブラッシュアップしておき、業務担当者へ提案できることが、価値の高い仕事となります。
ひととおりの業務知識はもちろんですが、データの持たせ方や、画面の操作に関することなど、実現可能案を複数持つことが、必要となります。
情報処理技術者の資格があると、信用度は高いです。

いっぽう、ITコンサルは、経営方針を理解したうえでの、現状分析、問題解決方法の提案、業務要件定義、システム要件定義までおこなうため、ロジカルシンキング、課題解決能力、ドキュメント作成能力が必要となります。
業務要件を具体的なシステム要件にマッピングするため、生産、物流、販売、購買、人事・総務、財務会計といった業務専門分野に関する知識が必要となります。中小企業診断士、公認会計士、税理士などの資格を持つ人も居ます。
また、クライアント側の言語化されないニーズを掘り起こし、提案することが、価値の高い仕事となります。
加えて、業務側とIT側との橋渡しの役割も担っており、プロジェクトを円滑にするリーダーシップも求められます。

昨今では、開発を海外でおこなうプロジェクトも増加したため、インド、中国、フィリピンなど、現地のSIerの方とのコミュニケーションが必要になっています。英語、中国語のスキルがあると、活躍の幅が広がるでしょう。
総じて、テクニカルスキルよりは、コミュニケーション力に代表されるような、ヒューマンスキルが高いコンサルタントは、業務側、IT側双方からの信頼を得やすく、次々と仕事のオファーも舞い込むでしょう。

SE・ITコンサルへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、SE、ITコンサルタント職、業界のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  2. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  5. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ページ上部へ戻る