ITコンサルを知る

ITコンサルタントの仕事・役割とは

ITコンサルタントの仕事・役割
プログラマーとシステムエンジニア、ITコンサルタントは1つのチームとなり、受注から開発、納品までの一連をグループとして活動することが多いため混同されがちですが、それぞれに役割があり、請け負う仕事内容が違います。

プログラマーはシステムエンジニアの作った仕様書に基づき、実際にシステムを作り上げていくことが主な仕事で、作り上げたものを何度も見直して、バグの修正を行っていきます。納品前にしっかりと確認しますが、納品後にトラブルが起きた場合は、昼夜を問わずシステムの修復を行わなければなりません。状況に応じた柔軟な発想と、根気のいる作業が必要となります。

SEと言われるシステムエンジニアは、クライアントの要望するシステムを作り上げるため、クライアントとのコミュニュケーションをとりながら、よりクライアントの理想に近いシステムを開発するための提案を行い、システムを具体化する仕様書を作成しなければなりません。システム開発に必要日数や必要な人員数、費用など様々なことを考慮しながら、クライアントのイメージするシステム構築を行う技術や判断力、決断力が必要とされます。
仕様書を作成するためには、もちろんプログラマーとしてのスキルが必須条件となってきます。そのためプログラマーを経てSEへとスキルチェンジしていく人が多いと言えます。

ITコンサルタントとは情報技術コンサルタントのことで、クライアントの抱える経営課題に対し、情報技術的な面からコンサルティングを行います。そのため、クライアントに対しどのようなシステムが必要になるか、表には出てこない課題やニーズを引き出しながら、システムの具体的な形をあぶり出して行く作業が必要なため、よりクライアントに寄り添ったマネジメントを考える力が必要となります。

このように3者の関係は非常に密接にあり、それぞれがその分野のスペシャリストである必要があります。大手企業ではそれぞれの分野を上記のように分けながら特化することでより高いパフォーマンスを出しているところもあります。しかし、中小企業などではシステムの開発や構築をシステムエンジニアやプログラマーに任せることもあります。そのため、気づけばプログラマーからSE、SEからITコンサルタントの業務を兼任していたと言うこともあります。

ITコンサルタントの求人はこちら

ITコンサルタントに求められる成果とは?

一見すると、SEとITコンサルタントは同じ方向を向き同じ成果や目的に向かっているように思えますが、SEとITコンサルタントに求められる成果は大きく違います。

SEは限られた時間内や予算内でクライアントの望むシステムを構築し、実用化させることが成果へとつながります。
それに対しITコンサルタントの成果は、クライアントの経営課題の解決にあります。どんなに素晴らしいシステムを開発しても、クライアントの経営状態の改善や経営問題の解決につながらなければ意味がありません。

ITコンサルタントを目指す人物像とは?

ITコンサルタントにはSEとしての専門的な知識だけでなく、経済動向や業界動向などの情報収集力や分析力、そこから見えてきた改善策をプレゼンする力なども必要となってきます。やるべきこととできることを見極める力や、やるべきことを全てできることに変えられる専門的な技術や知識が求められます。
SEからITコンサルタントへのキャリアチェンジを考えている場合は、SEの経験を積む段階で、その先になりたいITコンサルタントの分野を決め、技術や情報収集をその分野に特化させておくこともひとつの手段です。

信頼されるITコンサルタントとは?

エンジニアとマネジメント能力をあわせもつITコンサルタントは、ビジネス側に立つクライアントと技術者視点のエンジニアの間には、少なからず温度差があることを常に気にかけておく必要があります。技術的に素晴らしいものを作ればクライアントが満足するわけではなく、いかに簡単でわかりやすく、万人に使いやすいシステムであるか、コストパフォーマンス、そのシステムによる作業効率の向上やそれに伴う人件費の削減など、企業が求める成果にたどり着いて初めて認められるのです。
また、コンサルタントとして出会う仕事の幅は、SEに比べ大きく広がってきます。そのため、常にアンテナを張り、幅広く情報収集をするなど日々の努力が必要となります。
ある程度話が進み、骨格が見えてきてからプロジェクトに参加するSEとは違い、ITコンサルタントには0の検討段階から参加し、0から1を生み出し、それを実際に形に変えていくと言う重責があります。非常に大変な仕事ですが、同時にやりがいを感じることのできる仕事といえます。

高い意識を持つITコンサルタントへ

プログラマーやSEといった技術的に特化したプロフェッショナルなスキルを身につけるだけでも大変ですが、コンサルタントとしての知識やマーケティング力、コミュニケーション力をつけ、さらに日々変化していく動向の先を読む力を必要とするITコンサルタントは、高い能力が求められるます。
SEをやるなかで、「自分の構築したシステムが実際に現場でどのように使用され活用されているのか」「現場で使う人の声をもっと反映できるシステムを作りたい」「自分の技術がビジネスの世界においてどのような役割を果たしているのか」といった、興味や疑問がわいてきたことで、ITコンサルタントにキャリアチェンジしていく人が多いようです。
また、キャリアチェンジに成功した人は、SEの仕事をこなしながら、コンサルティングの勉強をしたり、経済分析や業界分析、情報収集など、常に好奇心や探求心を忘れず努力しているようです。

ITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  2. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  3. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  4. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る