ITコンサルを知る

ITアーキテクトの仕事・役割とは

ITアーキテクトの仕事・役割
ITアーキテクトとは、企業経営におけるビジネス戦略において、最適なシステムを企画・立案するための、重要な役割を担っています。

具体的には、システム開発における共通仕様や要件定義、システムのあり方を検討・提案し、システムの方向性や仕組みから、運用・保守要件まで提示することができる技術者のことを指します。
そのため、システム開発におけるプログラマーやシステムエンジニアとは違った、多種多様な知識やスキルが必要とされます。ITアーキテクトは、システムの根本から企画・検討・提案することができる非常に重要な役割を持った職種となります。

IT業界の技術革新により、大規模システムへの投資や、ITを活用する企業が増加し、需要も高まっています。ITアーキテクトのようなITの高度なスキルを持った人材の必要性が、今後ますます求められることは間違いありません。

ITアーキテクトの求人はこちら

ITアーキテクトになるために必要なスキル

ITアーキテクトと一言でいっても、その業務内容は多岐にわたり、業務に関する広範囲な知識が必要となります。システム全体の設計に関わる「アーキテクチャ設計」を行うシステムアーキテクチャや、アプリケーションの設計などを専門に行う、アプリケーションアーキテクチャなど分野があります。
設計するためには、システムやアプリケーションの全体像がわかるような、設計技法を身につける必要があります。また、手戻りをなくすためには、誰が見てもわかりやすいような設計を心がけることが重要です。
プロジェクトを滞りなく進めるためには、強いリーダーシップとコミュニケーション能力も必要です。
クライアントやプロジェクトに参加している技術者と、情報収集や意思疎通が図ることができて、メンバーを指導・牽引していく能力が求められます。

マネジメント能力も必要不可欠なスキルで、的確な人員配置やコスト管理、考えられるリスクなどを幅広く検討しておく必要があります。
そのため、プロジェクトを成功に導くためには、的確なプロジェクトマネジメント能力を身につけることが必要です。

プロジェクトの案件によっては、最先端のテクノロジーの知識を要する必要もあります。そのため、システムをアーキテクトするためには、常に最新の技術や動向を調査し、深く掘り下げて検討を重ねるなど高い専門性も求められます。

ITアーキテクトに必要な資格

ITアーキテクトになるためには、必要な知識やスキルを学ぶために、資格を取得するのも有効な手段です。
IPA(情報処理推進機構)が提供している国家資格である「システムアーキテクト試験(SA)」は、アーキテクチャの設計や開発を主導するために、必要なスキルを身につけることができます。
また、プロジェクトをマネジメントする上で「プロジェクトマネージャ」の資格も有効です。プロジェクトマネージャは、品質・コスト・納期などに全責任を持って、プロジェクト計画を立案し、要員や資源を確保して、プロジェクトの体制を整える必要があります。
資格勉強を通じて、プロジェクトを主導的に役割を果たすための知識を、幅広く身につけることが可能と言えるでしょう。

ITアーキテクトになるためには

ITアーキテクトは、前述したように技術的・人間的なスキルを兼ね備えた複合的なスキルが必要となります。
システムの根底から関わる必要があるため、困難に直面することも多く、責任感が強くてどんなことがあってもやり遂げる意思がなければ、務めるのことは難しいでしょう。
しかし、ITアーキテクトはシステムに関する幅広い専門性を要するため、高い報酬が期待できます。
また、今後のITの需要拡大や将来性を考えると、IT業界で携わる方にはぜひ目指してほしい職種と言えるでしょう。

ITアーキテクトへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ITアーキテクト職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  2. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
  3. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  4. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  5. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
ページ上部へ戻る