ITコンサルを知る

SEからITコンサルタントへの転職

SEからITコンサルタントへの転職

SEからITコンサルタントへの転職

「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニーズを直接聞いて、本当に顧客が求めるシステムを構築したい」「自分の提案をもっと顧客の耳に届けたい」SEとしてお仕事をされる中で、このような思いを感じることが多いのなら、ITコンサルタントという職種も向いているかもしれません。

ITコンサルタントは、顧客の経営課題を直接ヒアリングし、それを解決しうるITソリューションを提案する仕事。
SEの仕事は、経営課題の改善案をシステムに落としこむための設計や要件定義を行う一方で、ITコンサルタントの仕事は、より顧客のビジネス目標の達成に重点をおき、経営課題解決に向けた現状分析~改善案、顧客ニーズに合ったシステムや技術を提案することです。

企業の悩みを解決するシステムの全体的な構成を組み立てるのがITコンサルタント。それを実際に構築し、実践までをサポートするのがSEの仕事と言えるでしょう。

ITコンサルタントに必要なスキルや資格は?

ITコンサルタントになるために、ITの技術的な知識は必要です。しかしそれだけでは不十分です。
まず必要となるスキルが、顧客の抱える経営課題を把握し、解決策として最適なシステムの在り方を提案するための「論理的思考力」。
次に、顧客のニーズを聞き出し、顧客サイドと開発サイドの間に立って具現化を進めていく「コミュニケーション能力」。最後に、システムの立案から完成までを滞りなく期限通りに進行管理する「プロジェクトマネジメント能力」です。

必須となる資格はありませんが、「ITコーディネーター」「中小企業診断士」「プロジェクトマネージャー試験(情報処理技術者試験)」「PMP(プロジェクトマネジメントに関する国際資格)」の取得は、ITコンサルタントとしての一定能力の証明に役立ちます。

SEからITコンサルタントになるための条件

SEとして身に着けてきたIT知識は、ITコンサルタントとしても大いに活用できます。
設計・開発・移行・テスト・保守運用などを自ら手掛けてきた経験は、ITコンサルタントとしてプロジェクトを進行管理する際に役立ちます。また、SEとして技術面に精通していれば、顧客からの高度な技術的質問にも、開発側への確認なしに自分自身で回答することができ、信頼の獲得につながります。

ITコンサルティングは、顧客の業種に応じた専門知識が必要となることも多い仕事です。特定の業界・業態に精通していることで、ITコンサルタントとして差別力や競争力を発揮しやすくなります。

SEとの仕事の違い。年収はどのくらい上がる?

SEとITコンサルタントの仕事の一番の違いは、顧客との関わり方。
ITコンサルタントは、案件の最前線に立ち、常に顧客と常にフェイスtoフェイスで接します。自ら顧客の悩みをヒアリングし、その解決アイデアを自ら発想して顧客にぶつけられる点が特徴です。良きアドバイザーとして顧客の信頼を獲得できれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。

ITコンサルタントの給与は、30代にして1000万円を超えるケースも少なくありません。外資系コンサルティングファームや、大手資本のファームは、給与が高い傾向にあります。
一方で年功序列ではなく実力主義の職種なのも、ITコンサルタントの大きな特徴。
ITのスペシャリストとして、顧客のアドバイザーとして、常に最先端の情報を収集し、顧客に提供し続けていく姿勢が重要です。

ITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ITコンサルタント職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  2. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  3. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  4. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る