ITコンサルを知る

40代でITコンサルタントへ転職するためにすべきこと

40代ITコンサルへの転職

40代でITコンサルタントに転職するには?

異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有利な傾向はありますが、IT業界内での転職であれば、一定の経験とコミュニケーション能力があれば、年齢は関係ありません。

例えば、システムエンジニアからITコンサルタントへの転職であれば、職種転向も可能かもしれません。ITコンサルタントになるために必須となる資格は特にありません。システムの開発プロセス、設計手法などの知識が重要となりますが、これらはシステムエンジニアなら知っていることばかりです。
優秀なシステムエンジニアであれば、システム開発時に、クライアント企業や自社の予算・目的を把握した上で、本当に必要とされるシステムを開発してきたことでしょう。
こうした思考プロセスは、そのままITコンサルタントの業務に応用することができます。
またシステムエンジニアとして担当してきた「案件の領域」「クライアント企業の業界」と転職先の仕事のマッチングが、合否を分ける大きなポイントとなります。

40歳は転職に不利!?

確かに30代と比べると、年齢とともに転職のハードルはやや高くなります。
しかし、近年は40代の転職が年々しやすくなっている傾向にあります。とある業界調査機関のデータによると、2007年から40代の転職成功者は5倍以上とされています。日本でも「即戦力」を最重視する実力主義の採用傾向が強くなっているのです。

また近年は有効求人倍率が高水準であるように、企業全体が人手不足。転職希望者にとっては、絶好のタイミングです。たとえ40代が不利であろうと、転職市場全体で見れば、今は動くべき有利な時期と言えるでしょう。
40代の転職は、20代、30代に比べて、色々な面で条件の高望みに陥りがちな傾向にあります。収入面、残業の少なさ、部下の年齢など、何もかも条件通りを追求した結果、転職が難しくなってしまう例も多く見られます。
すべてを望むのではなく、最優先する項目を明確化することが大切です。

40代でITコンサルに転職するために必要なスキル

40代の転職で最も重要となるのは、「企業側とのマッチング」です。即戦力として活躍を望まれての採用なので、まず、転職先の企業が求めているスキルを、正確に把握することがポイントとなります。

ITコンサルタントの場合、40代のポジションとして、顧客企業幹部の信頼のおけるパートナーとして、プロジェクト内容だけでなく根本的な経営課題まで相談を受けられることが求められます。
また社内でも、若手から中堅までのコンサルタントのマネジメントを任されます。

経験してきたプロジェクトとの親和性はもちろん、営業力・マネジメント力など総合的なスキルも含めて、転職先企業のニーズに合致する人物像として自身を売り込んでいくことが重要です。

40代で転職するために準備しておくこと

転職というと「資格を取得して自信をつけてから転職しよう」という思考に陥りがちですが、資格取得して転職に挑むころにはさらに年齢を重ねていることになります。それよりも大切なのは、自分のこれまでのキャリアを棚卸し、それらを即戦力として活かせる企業はどこなのかをよく分析すること。その上で、「転職後、自分がどのような仕事をしたいか」「どのようなキャリアを歩みたいのか」という明確なビジョンを描くことです。

志望企業が求める人物像に、自分の持てるすべての武器(経験・スキル)を重ね合わせて、企業のビジョン・自身のビジョンを同一線上で語ること。これが、履歴書・面接を通過するための唯一にして最大のカギ。
まずはIT業界に強いエージェントに登録し、非公開求人も含めて、自身に最適な求人を見つけていきましょう。

ITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ITコンサルタント職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  2. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  3. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  4. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  5. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
ページ上部へ戻る