ITコンサルを知る

20代でITコンサルタントを目指すためにすべきこと

20代でITコンサルを目指す
ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。システムエンジニアとは異なり、幅広い知識を持ってプロジェクトの企画立案や、設計・開発まで関わるITのプロフェッショナルと言えるでしょう。ITのさまざまな業務に関わることができるため、非常にやりがいや魅力のある仕事です。

ITコンサルタントを証明するために必要な資格はありません。しかし、ITの分野の高度な知識は必須となるため、システム開発における設計の手法や上流・下流の工程の仕事内容など全体を理解しておくことが重要です。
本記事では、20代でITコンサルタントを目指す方のために、準備すべきことや、必要なスキルなどをご紹介します。

20代後半までが勝負

IT業界は技術革新のスピードが速く、人材も不足しています。そのため、ITの幅広い業務に携わるITコンサルタントなどの人材は、今後さらに重要なポジションとなることは間違いないと言えます。
20代でITコンサルタントを目指すためには、20代後半までにITのさまざまな業務内容に関わり、経験とスキルを身につけておくことが大切です。
ITコンサルタントは、ITの分野の高度で専門的な知識が求められるため、難易度が高い職種です。
そのため、可能な限りプロジェクトに関する上流工程(要件定義〜基本設計)から下流工程(開発〜テスト)を経験して、業務内容を吸収しておく必要があります。
また、企画・経営、マネジメントなどの知識についても、日々勉強しておくことも大切です。

ITコンサルタントは、他のITの職種と比べて年収が高いことが多いので、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

20代のうちに準備すべきこと

ITコンサルタントは、前述したようにITのさまざまな知識が求められます。
一口にITコンサルタントと言っても、その業務内容は会社やプロジェクトの規模によって異なります。
システムの企画・立案からクライアントとの要件定義を詰めて課題を解決していき、設計に落とし込むなど上流工程に関わる業務や、システムのマネジメント業務、より経営側の視点が必要となるIT戦略の立案など行う場合もあります。

ITコンサルタントとして関わる業務は、高度な専門性やビジネス戦略、経営者側の目線が求められますで、20代でITコンサルタントを目指すには、さまざまな準備が必要です。
そのため、ITの分野や経営に詳しくなるためには、業務以外でもスキルや知識が身につけられる資格を取得しておくこともお勧めします。
具体的には、ITの基礎を身につけるために「基本情報技術者」の資格をまず取得しておいたほうが良いでしょう。
技術から管理・経営など、より幅広く知識を身につけるためには「応用情報技術者」「システムアナリスト」の資格もおさえておきたいところです。
また、経営コンサルタントの国家資格として知られている「中小企業診断士」の資格も取得しておくことをお勧めします。

20代のうちに磨くべきスキル

ITコンサルタントになるためには、さまざまなスキルが必要です。ここでは、20代のうちに磨くべきスキルを紹介します。
コンサルタントとしてまず必要なのは、クライアントが抱えている問題を把握して、問題を解決するために適切な提案をする「問題解決力・提案力」です。そのためには自ら課題を設定し、問題解決に向けて具体策をクライアントに示さなければいけません。

プロジェクトを円滑に進めるためには「コニュニケーション能力」も大切です。
とくにITコンサルタントは、プロジェクトに携わる多くの人と関わる必要があるため、適切なコニュニケーションをとって良い関係を保つことが、仕事をこなす上で重要な要素となります。
コミュニケーションを怠ると、クライアントとの関係がギクシャクしたり、プロジェクトメンバーとの認識の違いから大きな手戻りが発生することもありえます。

ITコンサルタントは、その業務内容が多岐にわたるため、仕事が忙しい場合は連日残業や休日出勤となることもあります。そのため「忍耐力」がないと務まらないと言えるでしょう。
ITコンサルタントの業務は難易度も高いため、仕事をやり遂げるためには、肉体的にも精神的にも大きな負担がかかることもあります。
モチベーションを保つにはONとOFFを明確に切り分けて、忍耐力を持続させて心が折れないようにする工夫が必要です。

ITの分野は発展著しく、常に変化を求められます。新しい技術については常に知識として把握しておくために、「情報収集能力」も欠かせないスキルです。
新しい技術を経営戦略として次期システムに生かせないか、クライアントに提案できないか、など意識して情報収集しておく姿勢も、ビジネスチャンスを広げるために重要と言えるでしょう。

また、プロジェクトを滞りなく進めるためには、全体の進捗を管理したり、的確な指示を与えるといった「マネジメント能力」も大切です。
とくにシステム開発におけるプロジェクトは、計画通りにいかないことが多く、何度も軌道修正を求められることも多いと言えます。
しかし、プロジェクトには目的や期限があるため、成功するためには何をすべきか常に考えることが大切です。

ITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ITコンサルタント職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. SEからITコンサルタントへの転職「プロジェクト全体を見渡せる立場で仕事がしたい」「顧客のニ...
  2. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  3. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  4. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  5. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ページ上部へ戻る