ITコンサルを知る

ERPコンサルタントの仕事・役割とは

ERPコンサルタントの仕事・役割
ERPとは、Enterprise Resource Planningの略。直訳すると「経営資産計画」ですが、実態としては「ITシステムを使って、社内の各種業務を効率化すること」となります。
会社の業種や業務内容によって必要なシステムに若干の違いはありますが、具体的には「顧客管理」「財務会計管理」「営業支援」「マーケティング管理」などが挙げられます。

ERPコンサルタントは、会社が抱える経営課題を深く分析し、これを解決することが求められます。課題解決に必要なITシステムの要件を定義し、設計から開発までのプロジェクトをマネジメントする役割を担います。クライアントの行っている業務やニーズをまとめ上げる必要があるため、社内外でのコミュニケーション能力や高い論理的思考能力が要求される職務と言えるでしょう。

ERPコンサルタントの求人はこちら

ERPコンサルタントに必要なスキル・資格

何よりもERPコンサルタントに必要なのは、クライアントの業界や業務に関連する幅広く深い知識です。
もちろんシステムについての知識があるに越したことはありませんが、ERPはシステムありきで実現されるものではなく、クライアントのニーズあってのことだからです。
クライアントの業界や業務を経験しているか、深いリサーチを重ねることで知識を深め、クライアントの抱える経営課題にコミットできなければなりません。

より汎用的なレベルで考えれば、やはりどの会社でも関係してくる簿記や税務、会計などの知識やスキル、資格があると、クライアントとのコミュニケーションがスムーズにいきやすいでしょう。
簿記、MBA、士業(税理士、中小企業診断士、公認会計士など)の資格があると役に立ちます。
また、ERP市場の2大巨頭であるSAP社とOracle社がそれぞれ認定コンサルタント制度を設けているので、テストに合格して資格を得ることで仕事の幅が広がります。

ERPコンサルタントの年収・給与

年収はスキルレベルによって大きく幅があり、年収1,000万円を超えることも多くあります。
現在、ERPコンサルタントに対するニーズが高い状態はまだ継続すると考えられます。
近年、日本では銀行、証券会社、メーカー、各種サービス業など、さまざまな業界でドラスティックな再編の動きが相次いでいます。
会社の統合や吸収など、組織が再編されるということは業務やシステムの統合・刷新のニーズがあるということです。
また、既存のERPパッケージをクラウドに置き換えるプロジェクトも高いニーズがあります。
日本国内だけではなく、国外企業を含めた動きも活発です。

こうした背景から考えると、ERPコンサルタントの中でもマネージャークラス(複数プロジェクトの統括・責任を負うイメージ)ともなると、年収1,000万円以上のサラリーを受け取る可能性が高いと言えます。さらにその上、パートナークラスともなると年収2,000~3,000万円とキャリアアップのチャンスが広がります。

ERPコンサルタントのキャリア

ERPコンサルタントのキャリアパスを、主に「ファーム渡り歩き型」「専門特化型」「大企業業務改革担当型」の三種類に分けて考えてみましょう。

ファーム渡り歩き型」とは、ERPコンサルティングのプロジェクト経験を積んで、社内で昇格していったり他の類似コンサルティングファームへ転職したりするキャリアパスです。
新規案件を獲得するための営業力やプレゼンテーション能力が必要となります。

専門特化型」とは、ERPの中でも「SCM(サプライチェーンマネジメント)」や「CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)」などに特化して知識や経験を積み重ね、こうした事業を展開する企業へ転職するキャリアパスです。

大企業業務改革担当型」とは、ERPコンサルティングの経験を活かして、企業の業務改革を担当する職務・部署に転職するキャリアパスです。それまでのプロジェクトで特定の業界に特化してきた場合、その業界の企業からの引き合いは強いです。

ERPコンサルティングの有名企業

最も有名なのは、ドイツのSAP社です。ERPパッケージを開発し、認定コンサルタント制度も設けており強い影響力があると言えます。
しかし、いわゆるIT系のコンサルティング企業であれば、ERPコンサルティングも担当しているケースが多くなっています。
例えば、IBM、アクセンチュア、フューチャーアーキテクト、デロイトトーマツ、アビームなどが挙げられます。

ERPコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ERPコンサルティング職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  2. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  3. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  4. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
  5. ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ページ上部へ戻る