ITコンサルを知る

ITコンサル業界で転職する人の年齢層は?

ITコンサル業界の転職年齢
ITコンサル業界にて、転職するには、大きく三つの年齢層に分かれます。
ひとつは、上司、先輩の指導のもと、ひととおりの経験を終えた20歳代。
もうひとつは、後輩を育成しながら、複数のプロジェクトを経験した30歳代。
最後に、リーダーとして部下を育成し、業務経験も豊富で、クライアントの経営者層とのコミュニケーションの経験を持つ、40歳代。
それぞれの年齢層によって、求められるスキルも異なります。

20歳代では、若さが最大の強みです。
30歳代は即戦力として、数多くの募集があるのは事実です。
40歳代になると、専門性に特化するか、もしくはコンサルティングファームの経営者層と同等のスキルが求められます。

20代で転職する場合

この場合、経験したプロジェクトが少ないため、業務経験よりも、基本的なところが問われます。
体力があり、健康上の不安はないことが望ましいですし、やり遂げる志を持ち、社会人としての常識を持った態度が必要です。
加えて、リーダーの負荷を軽減するための戦力としての位置づけですので、ロジカルシンキングや文書作成能力を持っている人が有利です。

浅い経験の中で、業務、IT双方の観点から、どの分野が長けているのかをアピールする必要があります。
例えば、業務を経験して得たスキル、特に作成したことのある文書の種類をまとめてエントリーシートに記載するのもひとつの方法でしょう。

受け入れる企業側も、これから経験を積んで育成する人材として採用しますので、人間性や意識の高さ、積極性、将来のビジョンなどをきちんと持っているかどうかを確認します。
「なぜ、この時期に転職をするのか」「今の自分は、会社にどのように役立つのか」「将来的にはどのように貢献していきたいのか」を明確にしておく必要があります。

現時点でのスキルと、将来的なポテンシャルの高さがアピールポイントとなりますので、しっかりと自分を見つめ、整理したうえで転職活動を始めてください。

30代で転職する場合

社会に出て10年程度になり、ある程度の業務経験や後輩の育成の経験がある年代となります。
即戦力として期待され、最も脂の乗り切った年代で、転職のオファーも多いのは事実です。
今までの業務経験と、それを踏まえた専門性があると、強みになります。

エントリーシートには、販売管理や物流管理、財務会計などの業務知識や、ITシステム導入の経験をプロジェクトの規模や、ITスキルなど、まとめておくとよいでしょう。
採用する企業は、IT、業務双方のスキルを確認するのはもちろんですが、リーダーシップの有無や人間力にも関心があります。
後輩や部下の育成経験もアピールポイントになるでしょう。また、クライアント会社の経営者層とのコミュニケーションも必要となってくるため、経営的視点を持っていることも必要となります。

クライアント会社が大企業であれば、お相手をするクライアントの年齢層は平均して10歳年上となります。
礼節、礼儀をわきまえながらも、持論を展開できるコミュニケーション能力が必要となります。
経済新聞を読む習慣を持つなどして、常に業界の動向をつかみ、クライアント側との共通の会話を持てる工夫をすると、活躍の幅も広がるでしょう。

この年代は、努力すればするほど高評価を得られ、年収アップも見込めます。ライフワークバランスを保ちつつも、自己実現のためのキャリアアップに励んでください。

40代で転職する場合

コンサルティングファームによっては、この年代でパートナーとなる人が居ます。年代的には、パートナーと同様のスキルを求められると考えても過言ではないでしょう。
案件を創り出し、売り上げに貢献できる人物かどうかが採用する企業の確認ポイントです。
今までの経験で、「どんな人脈があり、案件を創出できるのか」「業務やITの専門知識や資格を持ち、社内の人材育成に貢献できるのか」「どんなチームビルディングをおこなってきたのか」などをアピールするとよいでしょう。

採用形態として、専門性に特化した顧問契約なども念頭に入れた転職を考えてみてください。この場合、クライアント会社で業務ユーザー側だった人が、活躍するケースもあります。
自分の経験談を体系だってアウトプットするスキルがあれば、40歳代からITコンサルへのキャリアチェンジの可能性もあります。

ITコンサルタントへの転職をご検討のかたへ

コトラでは、ITコンサルタント職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

無料転職相談

関連記事

転職お役立ち記事

  1. ITコンサルタントはITに分野のおいて、コンサルティング業務に関わる職種となります。
  2. かつてはITは、業務効率化のための一手段と考えられていました。
  3. 40代でITコンサルタントに転職するには?異業種からIT業界への転職の場合、年齢が若い方が有...
  4. Sier
    SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計、開発をおこなう役割を担っています。
  5. すべての業種に共通して言えることなのですが、志望動機・転職理由の内容は、業界、会社、個人の特性を...
ページ上部へ戻る